不動産を売る|不動産を売却する|アドバイス

習志野市・船橋市・幕張本郷・四街道の土地・戸建・マンション・事業用の不動産売却に関するご相談はお任せください。

不動産を売却することは一般的に人生で何度もすることではありません。

ですが、人生を左右するほどの高額な金額が動きますので失敗は許されないと思います。

そこで青葉住宅販売の川上が一般的なよくある問題やその解決方法とその考え方をアドバイスさせていただこうと思います。

中には該当しないケース等もあるかもしれませんが、もしよろしければ参考にしていただければと思います。

金額とスピード

土地・戸建・マンション・事業用などの不動産を売却される方からの良く言われますことが「なるべく高く」「なるべく早く」「なるべく手間をかけずに」と言われる方がいらっしゃいます。ご売却を依頼された私も売主様の担当として、なるべく高く・なるべく早く・そして売主様のお手間もかけさずに良いお客様を見つけたいのですが・・・しかしそのように簡単にはいかないのが現実です。

多くの人が買いたくなるような魅力的な価格(安い金額)に設定をすれば、早めに買主様が現れるかと思います。また逆に相場からかけ離れた高い価格を設定すれば買主様が現れず、時間だけが過ぎてしますかと思います。

「高く」と「早く」の両立はなかなか難しいわけです。

機会損失

売主様にとって早く売るためとは言え、不動産という財産の売却は無駄に安くし機会損失する訳にはいかないかと思います。

では機会損失しないためにはどうしたら良いかですが。

多くの人にとって不動産の購入は一生に一度の買い物です。その一生に一度の高い買い物をされる買主様は相場・不動産の知識をある程度勉強し慎重に間違いのない買い物をされようとしています。

売主様が買主様の立場だった時を思い起こしてみますとそうだったかと思います。

ですので勉強をしている結果、相場をある程度知りその相場からかけ離れた高いものはそれなりの理由等が無い限り買う可能性は限りなく低くなります。

その為、相場からかけ離れた金額で長い期間売りに出し・・・そして売れなかった際、買主様も今の時代は情報社会で、よく不動産情報を知っておりますので、「長い間売れない物件」という見られ方をしてしまいます。

買主様の心理としましては、長い間売れない物件を自分たちが購入するというのはなかなか気持ちが乗り気にはなりませんので、そうなってくると更に売れなくなっていき・・・最終的にはそこに付け込んだような「売れないのだから言い値で」みたいな方が出てきて根負けした売主様がそれを承諾し契約するというケースもあります。

この形は機会損失のような気がします。

そして長い間と書きましたが、これがまた売主様の売却をされる事情やその背景等によって期間がどこからが長いのか短いのかと難しいところではありますが、一般的には買主様にとって一生に一度の大きな買い物なので慎重に進んでいきますのである程度、期間には余裕を持たれることをオススメします

たまに1週間や2週間で売れないからと言って心配される売主様もいらっしゃいます。もちろんその期間で売れるケースもたくさんありますので、希望の金額でそれくらいの短い期間に決まればそれは理想的なのかもしれませんが決してそれ以上過ぎたからと言って売れないと思われるのは私個人的には早いかなと思います。

そしてどこまでいっても売る金額は不動産会社が決めるわけではなく最終的に決められるのは売主様です。その売主様に、ちゃんとした相場・状況等を勉強をされ、かけ離れた金額(高くても安くても)にならないようにされるのが機会損失を回避する一つかと思います。

売主様はより高く買主様はより安く買いたい

売主様と買主様の考え方は相反します。

売主様はより高く・買主様はより安く購入をしたいわけですけれども、それでは考え方が真逆で一向にお互いに交わることがなく売買が成立することはありません。

ですが、買主様も不動産を探している中で、「安いものにはそれなりの理由がある」「特別安い物件はない」等の現実を受け止め、自分たちの購入したいエリアの物件で気に入った物件があれば、相場付近で買おうと決意をします。

その際に売主様が相場とはかけ離れた金額で売り出していてもなかなか縁が出来るはずのものも出来なくなります。

そこで、売主様にも高くは売りたいでしょうけれども、売れない金額で売っていてもお金が入って来なければ意味がないので「絵に描いた餅は食べれません」ので、売主様に歩み寄りをしていただきますが、お互いの歩み寄りから生まれる数字の多くが相場付近になるケースが多いです。

売主様のスタンス

買主様が探されているエリアで相場付近で出している売り物件と出逢い、そして気に入られご契約の運びとなります。

その際に買主様もインターネットやこの情報社会ですので色々な情報を知っていて、他の物件と比較したり・・・なかなか人生で一番大きい買い物にあと一歩踏み出せない方もいらっしゃいます。

だからこそ買っていただくという気持ちを持ち、ある意味、売主様も買主様もお客様ではありますが売主様には、不動産という商品を売るビジネス的な考え方を持っていただき、その立場で買い手側の事を考えていただくという気持ちが大切かと思います。

売主様がその不動産という商品を不動産会社の人間と同じように「買主様にプレゼンをするスタンス」で考えられると良いかと思います。

そして買主様は随時増えたり減ったりしています。そして買主様の状況も色々と変化し、そして売主様の物件の周辺の不動産状況も変化し随時総合的な変化が起きています。

不動産会社と同様にそのようなことも気にかけ、決定権者である売主様が消費者に売るという単純な考え方を持って下さると不動産売却を成功させる近道となると思います。

売主様が売りたくなければ売らなくても良い

どこまでいっても、売主様と買主様はフェアな関係にあります。

またご納得いただかないのに売る必要もありません。

売りたい金額で売る権利があり売りたくないような金額では売らないと決める権利があります。※媒介契約書の契約内容によりますが。

色々と書きましたが、信頼する不動産会社とちゃんと話し合いご納得しながら進めていかれたらと思います。

その際に少しこの内容を参考に頭の片隅に入れていただけたら幸いかと思います。